声優になるには何から始めればいい?
未経験から声優を目指そう。

PICK UP校ご紹介

声優業界随一の大手養成所。

日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所

"①時間的にも経済的にも負担が少ない週1回3時間だけのクラス! ②休日や夜間にもクラスがあるので、学校や仕事が終わってからの受講もラクラク! ③実力に合わせてステップアップ出来る学科制を取り入れていて、無理なく確実に夢へ近付ける!"


エンタテイメントに特化した学校

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

"全国14都市で開講している日本最大規模の学校! 毎年80社以上が2ヶ月間でオーディションを開催するドラフトオーディションというイベントが特徴で、毎年多くのデビュー実績がここで生まれている!"


業界でもかなりの知名度を誇る!

バンタンゲームアカデミー

バンタンゲームアカデミー

"サブカル関連をカバーするスクールとしてかなりたかい知名度を誇るバンタン。 声優学部では長年の実績とネットワークを駆使し、アニメやゲーム業界へのオーディションが盛んに行われているよ。"


タイトルのアイコン学校で学ぶべきこと

このページのポイント

基礎を培う正しい練習方法

柔軟な表現力

文章を「読む」力

礼儀とコミュニケーション能力

◆基礎を培う正しい練習方法

当然の事ながら、競争率の高いこの業界では基礎がなければ声優として活躍するのは難しい。
まずは正しい発声を身につけるところからがスタートだ。

声優をめざす人ならば何度も耳にしたことがあるかもしれないけれど、
正しい発声は"腹式呼吸"が大事だと言われているよ。

収録現場は長丁場になることもしばしば。
最近ではライブやイベントに出演する声優もいる程だから、体力も必要になってくる。

そのために講義の中で筋トレやダンス・日本舞踊などを行う専門学校や養成所もある。
これらを覚えることで講義外の時間でも常に自分を高めることができるね。

そして、何より大切なのは
喉を傷めないボイストレーニングの方法を覚えること。
独学だと正解・不正解がわかりづらいよね。
間違った練習で喉を壊してしまうこともあるから、
日々の練習の効果を最大限に発揮するためにも、晴れて声優になった時、長く第一線で活躍していくためにも
ボイストレーニングの方法を覚えることはとても重要なんだ。

専門学校、スクールや養成所ではプロが実践している方法を直接教えてもらえるから安心だね。

◆柔軟な表現力

声優の仕事は実に多様で、アニメや吹き替えはもちろんナレーションもある。
それぞれに複数の表現ができる柔軟性が大事になってくるよ。

アニメの現場ではキャラクターの性格によって声の強弱・高低・微妙なニュアンスを使い分けたり
ナレーションの際にも、明るい声でバラエティ番組を盛り上げる、ドキュメンタリーなどの緊迫した雰囲気を伝えるなどその表現は多岐に渡るんだ。

ちなみに、前の項目で説明したダンスや日本舞踊からは「体全体を使って表現をする」ということを学べるよ。
声優は収録の時に、ただ立ってマイクに向かうんじゃなく、体を動かしながら表現をすることも多いからとても役に立つ授業なんだ。

専門学校や養成所では様々な場面に合わせた表現の方法を学ぶことができるよ。
時には声優とは関係無いようにも思える、自分が想定していないような実習があることも。
自分では気づかないような方法からも声優としての力を養えると思うと思うと、学んでおいて損はないよね。

◆文章を「読む」力

台本を読み、声だけで物語の流れや感情を表現するのが声優の仕事。
そのために、この3つの力が重要になるよ。


◆台本の内容を理解するための読解力
これはセリフの裏にあるキャラクターの心情を表現するためにも重要になるよ。
自分自身が話の流れをつかめなければ感情移入も正確な演技もできないよね。
台本を何度も読み込んで、自分なりの解釈や、原作者・監督が目指す方向性を汲み取って演技をする必要があるんだ。
そのためにはしっかり物語理解する読解力がとても大切。


◆正確に言葉を読みとる初見力
初見力と言う言葉を分かりやすく表現すると、「初めて見た文章を正確に読む力」。
声優の仕事の中には即興での芝居を求められる場面や、ナレーターとして情報を正確に伝えなければならない場面、
ラジオなどで目の前の原稿を読み上げる場面などもあるから、ミスなく対応ができるように初見力を高めておいて損はないよ。


◆アドリブに柔軟に対応するための語彙力
収録現場ではアドリブが必要になることも。
その時にいつも同じ言葉を使うわけにはいかないよね。
キャラクターによって同じ心情や状況でも別の言葉で表現したり、他の演者の表現にあわせる必要もあるからね。

これらの力を鍛えるために、普段から本を読んで言葉の力を鍛えておくと良いね。
けれど、本を読むだけでは頭の中では理解していても咄嗟に口に出すことは難しいなんて事もある。
一番良いのは専門学校や養成所の授業で、できるだけ多くの台本を読みこんで複数の役をこなすこと。
何事も実践に勝るものはないということだね。

◆礼儀とコミュニケーション能力

意外と見落としがちだけれど、声優になるために必要な要素の一つに「人を惹きつける魅力」というものがある。
これは、ただ単に「目立つ才能」ではなく、普段からどれだけ周りの人に気を配れるか・分け隔てなくしっかり挨拶ができるかということ。
人によって態度を変えているのでは裏表がある性格だと敬遠されてしまいがち。

ファンを始め、現場関係者・老若男女から支持を得られる声優になるには、やはり普段から人に好かれる努力が必要になってくる。
ただし、礼儀が正しいだけで好かれるかと言ったら難しい話でもあるんだ。
挨拶をするだけでは「礼儀正しい人」で止まってしまう。
それにプラスして、明朗にコミュニケーションがとれると「この人とは気持ちよく仕事ができそうだ」と思ってもらえるよ。
専門学校や養成所では、オーディションのみならず普段の授業からプロが見てくれる分
アピールできるチャンスも多い。現場のコミュニケーションのとり方も積極的に学んでいこう。

∧